成人病の一種である睡眠時無呼吸症候群

 

睡眠時無呼吸症候群というものがあります。これは、成人病の1つである、糖尿病の患者さんなどがなりやすい病気であり、この睡眠時無呼吸症候群の症状としては、寝ている間に、呼吸が止まってしまっていることが症状として、出てしまいます。そのため、日中になぜかやたらと眠い、きちんと眠ったはずなのに、異常なまでに睡眠欲がある…このような場合などには、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。この、成人病であり、糖尿病の患者さんがかかりやすい睡眠時無呼吸症候群を治すためには、寝ている間に、器具などを使って、呼吸をしっかりと確保することが必要となってきます。

そのため、総合病院などで検査などを受けた後には、手続きなどを行い、睡眠時無呼吸症候群を治すための、器具などをレンタルなどすることによって、自宅でその器具を、寝ている間に使うことで、睡眠時に呼吸がしっかりと出来るようになります。ただ、問題としては、患者さんの中には、この器具を、知らない間に取ってしまって、そのまま眠りについてしまう…このようなことがあり、そのような場合ですと、器具がしっかりと装着できていないため、いびきなどが聴こえてくることがあり、同時に、上記のようにしっかりと睡眠が出来ていないことから、車の運転中や、仕事の間に、酷い眠気がやってくることがあります。
運転中に眠気に襲われる男性
このように、とても厄介な病気ですが、上記のような手続きで、しっかりと器具などを使い、眠る前に、器具などをきちんと装着し、また、家族がいれば、器具などが外れていないか、いびきなどが聴こえてこないか?などを確認してもらうことで、このような症状を、改善することが出来ます。きちんと管理を行えば、しっかりと呼吸が出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket